So-net無料ブログ作成
検索選択

天津爆発で狂気の神経ガス発生?日本には影響あるのか? [海外ネタ]

スポンサーリンク




スポンサーリンク




みなさんこんにちわ!!管理人のはれもようです。今日は連日騒がれている天津爆発事故について。

徹底的な報道規制によってなかなか情報が得られないと思っていたがやはり情報社会。個人が動画投稿や実況をすることで大量の情報が流出していますね。



未だにその甚大な被害は尾を引いているようで・・・死者や負傷者、行方不明者多数・・・。なんとも辛い事故が起きました。

そんななか心配に拍車がかかるニュースが・・・。

中国・天津市の「浜海新区」で12日に起きた爆発事故で、大気中などから神経ガスが検出されていることが消防当局の話で明らかになった。国営中国中央テレビが19日までに伝えた。  同テレビが17日、北京公安消防総隊副参謀長の話として、爆発現場の周辺を調べた結果、「神経ガスが検出された」と報じた。これを受け、中国国内メディアも19日に一斉に報じ、地元住民らを中心に人体にどの程度影響を及ぼすのかなど、不安が募っている。  天津市はこれまで現場近くでシアン化ナトリウム約700トンを確認したと公表。大気中で基準値をわずかに上回るシアン化水素を検出したほか、廃水からも基準値を超えるシアン化合物を検出したとしていたが、神経ガスについては公式に説明していなかった。

神経ガス・・・恐ろしい響きだがこれは人の神経を犯す。

曝露すると瞳孔の収縮、唾液過多、痙攣、尿失禁、便失禁などが毒性症状として表れ、最終的には呼吸器の筋肉が麻痺し窒息死する。ある種の神経ガスは気化しやすい、あるいはエアロゾルになりやすい。体内への主要な侵入経路は呼吸器系であるが、皮膚からも吸収されるため、安全に取り扱うには防毒マスクを含む全身防護服が必要となる。

これは曝露した量にもよるが気化しやすいことと、エアロゾルという状態で噴霧状になってしまうことから曝露しやすい。

日本まで飛んでくる可能性はあるのか・・・。





まだ公表されたばかりで、検出される量や風向きなどで変わってくるだろうなと、なんにしたって怖い。現地の人はどうだろう。人災だと思っている人が多いだろうな。

しかしこの工場は何を保管していたのだろうか。神経ガスが発生する過程は詳しくないが、発生するためのなにかしらの物質はあったとのことだ。

事態収束にはまだほど遠い。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

人気ブログランキングへ