So-net無料ブログ作成

ハイリスクローリターン?女性用のバイアグラはいかほどのものか。 [リアル]

スポンサーリンク




スポンサーリンク




みなさんこんにちわ管理人のはれもようです꒰#'ω`#꒱੭

今日は《バイアグラ》のお話。


引用あり・・・

女性の場合、性欲を感じなくなったら“性的欲求低下障害(HSDD)”と診断されます。フリバンセリンはその改善薬です。“女性用バイアグラ”として注目を集めていますが、バイアグラが男性の勃起不全を解消するのに対し、フリバンセリンは性欲を高める薬ですからまったく異なりますね。フリバンセリンはもともと抗うつ剤として開発されたもので、ドーパミンとノルエピネフリンという性欲を刺激する神経伝達物質の分泌を促すと同時に、性欲を減退させるセロトニンの分泌を抑制する効果もあるのです」 「更年期障害でイライラしたりうつ状態になってしまう女性もいますが、フリバンセリンはその改善にも効果が期待されるのです。日本で承認・認可されるのは、何年も先のことになると思いますが、日本で入手する方法もあります。まずアメリカからの個人輸入。これは偽物に注意する必要があるでしょう。もう1つは医師に相談して取り寄せてもらうという方法です。この場合、医師にも責任が生じますし、患者さんとの信頼関係も必要となります。





これはまぁいいものだと感じませんか?なんだか媚薬みたいなものかと。。。しかし考えようです。

まずは日本も購入できるものに女性用バイアグラとして《ラブグラ》《ウーメラ》があります。
うーめら.jpg

これと何が違うのか・・・バイアグラはクエン酸シルデナフィルという成分。つまりは血管拡張剤。しかし先の薬はセロトニンの抑制などそもそも興奮させるもの・・・違いはあります。副作用に関しては同じようなものですのですぐに日本でも発売か?

などは甘い。

これを見よう。

引用元

・発売元はスプラウト・ファーマシューティカルズ社。一般名は「フリバンセリン」、商品名は「ADDYI(アディ)」

・バイアグラをダイヒョウとするED治療薬と違って、抗うつ薬などと同様、脳の中枢神経に働きかける薬で毎晩服用する。

・失神や極度の眠気、吐き気といった重篤な副作用のリスクが薬効を上回ると専門家から問題点が出ていた。

・アルコールや避妊薬と併用すると副作用のリスクが増大するとの報告がある。

・処方をする医師は研修を受ける必要があり、リスク理解に関する同意書への患者の署名が必要。

まぁ悪くないけど次が重要。
・満足のいくセックスが月に2、3回のHSDD(性的欲求低下障害)患者を対象とした治験では、アディを服用した人は偽薬を飲んだ人よりもその数が平均で月0.5~1回しか多くならなかった。

これはどうなんだ?ほとんど変わらないってゆうか結局心の持ちようかと。

しかし女性側からの差別だなんだのの声が上がっていて認可に踏み切ったんだとか。

真意はわからないが効果が明らかに薄そうな商品を認可・・・それを認可が厳しい日本で発売はちょっと具合が悪そうだ。

こちらは個人輸入など方法はあるがまだまだ眉唾ものであることには違いないなと。

個人的な意見でしたが本当に効果抜群の媚薬が出てしまったら悪用の方法はたくさんあるなと感じてしまいます。

気持ちいいし、子作りにより一層励めるかもしれませんが果たしてこの薬が生み出すものはなんなのか・・・それが問題だwww



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。